開く

感圧センサ

感圧センサ

人の感覚も可視化へ・・・
わずかな圧力変化で反応する薄型の感圧センサでリアルタイムにセンシングします。

感圧測定システムは感圧センサによる圧力変化を容易にリアルタイムで検出できます。
データをタブレット端末等に無線(Bluetooth)で転送し、専用アプリケーションソフトで簡単に記録や編集ができます。 感圧センサは8個まで接続・交換が可能で、キヤノン化成の感圧センサユニットに対応します。

感圧センサユニット

特殊導電部材(ゴム・フィルム)と電極で構成され、押し圧に応じて特殊導電部材と電極の接触面積が増減することにより電気抵抗が変化し、力の大小を見える化します。

検出原理

力に応じて導電部材と電極の接触面積が増減

微圧センサユニット(CKS18L-F)

CKS18L-Fは、弊社ラインアップ中で最も微圧で反応するセンサです。
約2gから反応し、厚みはわずか0.17mmを実現しました。また、曲面部にも使用可能です。

2gから反応

曲面部にも貼り付け可

非接触のわずかな圧力変化にも高感度で反応

製品ラインアップ

品番 検出部寸法 使用可能範囲※1 主な特徴 ケーブル長
CKS10M-S Φ10mm 5N~30N 小型、軽量、中荷重 1.0m
CKS10L-R Φ10mm 0.5N~8N 小型、軽量、ゴム
CKS35H-S Φ35mm 30N~500N 大径、大荷重
CKS-RA300M 120×10mm 5N~300N 矩形タイプ、切断可、曲面貼り可※2
CKS18L-F Φ18mm 0.2N~6N 微圧タイプ、極薄0.17mm、曲面貼り可※2
  • ※1 検出される数値は力の単位[N]ではありません。力の変化を抵抗変化として検出します。
  • ※2 貼付け箇所や方法には条件があります。

感圧測定システム

自社開発の感圧センサを使用したシステムで、圧力変化を容易にリアルタイムで検出できます。センサ部で検知したデータは送信モジュールからパソコンへ無線で転送し、専用アプリケーションに記録や編集することが可能です。
アプリケーションでは圧力変化を波形で確認できる「折れ線モード」や圧力の強弱を判別しやすい「棒グラフモード」など8種類の中から用途に合わせて選択可能です。

アプリケーションソフトのバージョンアップによりセンサ値の換算値[N]表示が可能になりました。(2020年11月)

  • センサ値を換算値[N]で表示するためにはお客様のご使用環境にてキャリブレーションを行っていただく必要がございます。
  • アプリケーションソフト内で表示される換算値[N]は目安としてご利用ください。

用途例

  • 人の感覚で行っている製品評価の数値化
  • 目視困難な場所で干渉具合の確認
  • ロボットハンドのセンシング

ハンドリング時の把持状態の可視化

靴底やインソールに配置して歩行動作を可視化

衣類の締め付け具合の評価

微圧タイプセンサ 使用イメージ紹介


微圧タイプセンサ 着衣締め付け圧も見える化します


微圧タイプセンサ エアー圧の変化も見える化します

製品ラインアップ

品番 付属センサユニット 同梱品
KS-SYS1A-1 スターターキット CKS10M-S ・送信モジュール×1
・感圧センサユニット×8
・抵抗調整キット×1
・アプリケーションソフト(DVD)×1
・キャリングケース×1
KS-SYS1A-2 スターターキット CKS10L-R
KS-SYS1A-3 スターターキット CKS35H-S
KS-SYS1A-4 スターターキット CKS-RA300M
KS-SYS1A-5 スターターキット CKS18L-F